« ★「これは凄い!映画ではありません」 緊迫の麻薬取引現場のルポ  イラン密売人と客の取引現場動画 東京・世田谷区内 | トップページ | ★産経ニュース速報 「こんな者を野放しにして良いのか! 」最悪の通り魔事件に 7人死亡 東京・秋葉原  »

2008年6月 8日 (日)

★続・覚せい剤密売現場 これは衝撃的なルポである 銃器捜査を含め求められる「新捜査手法」

MSN Japan  MSN産経ニュース
Crm0806070956009s31  Crm0806070956009n11
このニュースのトピックス衝撃事件の核心
覚醒剤を女性客(右)に手渡したイラン人、ハファズ・シャヒディ・タバル被告(左の自転車の男)=東京都内(関東信越厚生局麻薬取締部提供)

おとり捜査を警戒 繁華街から住宅街へ

 取引場所が住宅街へ移ったきっかけは、警視庁が平成14年に渋谷のセンター街などで実施した買い受け捜査(おとり捜査)だった。客にふんした捜査員が、販売を持ちかけたバイヤーから覚醒剤を実際に購入し、鑑定後、逮捕する捜査手法だ。「それまでの渋谷は通りごとにイラン人のシマ(縄張り)が決まっていて、歩行者に購入を持ちかけるような目に余る状況だった」(警視庁捜査員) 買い受け捜査に加え、繁華街に防犯カメラが続々と設置されるようになると、通りからイラン人の姿は消えた。そして再び現れた先が、新宿や渋谷などターミナル駅から路線が伸びる杉並区、世田谷区、目黒区の住宅街だった。 最近の売り方の主流は、電話で注文を受けると、販売場所として郊外の駅から少し離れた地点を指定する。神社など人通りが少ない場所が多いという。 慎重な密売人は、合流したのち、ある程度の距離を保ちながら住宅街を2人で“散歩”して、捜査員かを判断する。「尾行してくるような人影でもあれば、そのままトンズラする。明らかに買い受け捜査を意識している」(警視庁捜査員)。“純粋な客”と判断すれば、取引に入るという。 あとは早い。対面する前に、電話で値段の交渉はすんでおり、取引に要する時間はわずか数秒。パケット(包み)と現金を交換するだけだ。

1台1000万円の「客付き携帯」 稼いだら売却して帰国

 彼らはどうやって客を集めるのか。イラン人の間で、「客付き携帯」と呼ばれる携帯電話が高値で売買されている。高いものでは実に1000万円。覚醒剤を渇望する客からひっきりなしに注文の電話が掛かってくる携帯電話だ。多くはレンタル携帯やプリペイド携帯など、“足が着きにくい”電話だ。

http://mpdono.iza.ne.jp/blog/entry/601908/

イラン人は『だいたいこれぐらい稼いだら帰国する』と考えているので、目標額まで稼いだら携帯電話を仲間に売ってすぐに帰ってしまう」。警視庁幹部はこう解説する。 電話番号は客から客へ口コミで伝わる。また、センター街などでイラン人が直接メモを配っていることもある。メモには電話番号しか書かれておらず、口頭で「●●駅で電話してくれ」と指示するという。インターネット上には「センター街にいる外国人に声をかけるとメモがもらえる」という情報もあふれている。携帯電話には、覚醒剤の常習者たちから放っておいても注文の電話が掛かってくる。番号が知られていればいるほど、利益が多くなり、携帯電話の値段もつり上がる。「客付き携帯」といわれる由縁だ。こうしたイラン人にコンタクトを取り、白い粉を買おうとする人は絶えない。麻薬取締部は4月、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)などの現行犯で、東京都杉並区阿佐谷北、イラン国籍の無職、ファリド・ヤズダニ被告(39)=同罪で起訴=を逮捕した。同部によると、ヤズダニ被告は3月ごろから自宅周辺の住宅街で覚醒剤などを密売していた。購入者は会社員風の男性のほか、明らかに主婦とみられる女性もいた。2週間で約400万円の売り上げがあったという。

イラン人マフィア」 住宅街に縄張り

 住宅街で“荒稼ぎ”をするイラン人たちは、独自の秩序の中で動いている。かつて渋谷で通り単位でイラン人のシマがあったのと同様、現在も縄張りがある。「それがそのまま駅ごと地域ごとになった。原則1人が担当し、後任に収まりたいイラン人が順番待ちをしている状況。たまに抜け駆けをして勝手に商売を始めるようなはぐれ者もいるようだが、すぐ追い払われる」と麻薬取締部関係者は話す。イラン人なりの“秩序”がある。

 密売人の上部には利益を吸い上げる暴力団があると思われがちだが、ここ数年は事情が変わってきている。イラン人グループが自分たちで独自の仕入れルートを持つようになり、自分たちが稼ぐために覚醒剤を売るケースが増えたという。「もはやイラン人マフィアと呼んでも差し支えない」と断言するのはある捜査員。売人たちは“鉄の結束”を誇り、売人たちは逮捕しても組織のことをまったく話さない。組織の首領(ドン)がイランにいるのか国内にいるのかすら判然としない状態だという。理由はイラン国内に残した家族だ。捜査員は解説する。「組織のことを話したことが分かったら、イランの家族に危害が加わる。そうやって結束を維持する」。いつの間にか、まさにマフィアのような組織が日本の社会に中にできあがっているのだという。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080607/crm0806070956009-n1.htm

http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20291589/index.html

« ★「これは凄い!映画ではありません」 緊迫の麻薬取引現場のルポ  イラン密売人と客の取引現場動画 東京・世田谷区内 | トップページ | ★産経ニュース速報 「こんな者を野放しにして良いのか! 」最悪の通り魔事件に 7人死亡 東京・秋葉原  »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/41461490

この記事へのトラックバック一覧です: ★続・覚せい剤密売現場 これは衝撃的なルポである 銃器捜査を含め求められる「新捜査手法」:

« ★「これは凄い!映画ではありません」 緊迫の麻薬取引現場のルポ  イラン密売人と客の取引現場動画 東京・世田谷区内 | トップページ | ★産経ニュース速報 「こんな者を野放しにして良いのか! 」最悪の通り魔事件に 7人死亡 東京・秋葉原  »