カテゴリー

« ★繰り返される無差別殺人に特効薬はないのか? 「心の闇」とどう向き合うか バージニア事件と共に予知は不可能なのか? | トップページ | ★日本の若者に対する世界の目 これは大変な意見だ 日本社会が抱える問題をグサリ 国会内にプロジェクトチームが必要では… »

2008年6月13日 (金)

★犯行状況の詳細 そしてメールに心理状態探る手がかり 犯罪心理学上の資料として解明急ぐ

MSN Japan   MSN産経ニュース  Crm0806082203036n11

Crm0806090819003n11    

東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、静岡県裾野市の派遣社員、加藤智大(ともひろ)容疑者(25)=殺人未遂の現行犯で逮捕=がトラックで5人をはねた後、12人を次々とナイフで襲っていった犯行状況の詳細が12日、分かった。死傷した17人のうち14人が襲われた場所は、約70メートルの範囲に集中しており、加藤容疑者は人込みの中で一気に殺傷を重ねていた。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080613/crm0806130146004-n1.htm

 殺傷状況は目撃証言などから明らかになった。加藤容疑者は8日午後0時半ごろ、現場の神田明神通りで信号待ちをしていた車を追い越し、2トントラックで赤信号の中央通りとの交差点に突入。ジグザグに走行しながら交差点付近にいた5人を次々とはねた。さらに、トラックを乗り捨てた後、通りを交差点方向に約70メートル戻りながら、9人を殺傷能力の高いダガーナイフで刺していった。加藤容疑者は「何人かはね、1人を刺した後、警察官を刺したことまでは覚えている」と供述。現場の状況からは、警察官を襲うまでに東京芸術大4年の武藤舞さん(21)ら少なくとも3人を刺したとみられるため、警視庁万世橋署捜査本部は現場の状況と突き合わせ、矛盾点を追及している。捜査本部は、重軽傷を負った10人のうち2人はトラックではねられ、8人はナイフで刺されたと新たに特定。死者は3人がはねられ、4人は刺されていた。

秋葉原通り魔事件「書き込み 生活の一部」心理状態探る手がかりか

東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、静岡県裾野市の派遣社員、加藤智大(ともひろ)容疑者(25)=殺人未遂の現行犯で逮捕=が、警視庁万世橋署捜査本部の調べに対し、「携帯(サイトの掲示板)の書き込みは生活の一部」と供述していることが12日、分かった。捜査本部は、掲示板が事件に至る加藤容疑者の心理状況を解き明かす重要な手がかりになるとみて分析を急いでいる。調べでは、加藤容疑者の掲示板への書き込みは5月中旬以降だけでも、3000件を超えている。職場や家族への不満などの心理面に加え、職場でのトラブルを契機とし、事件に至る経過が克明に記されている。調べに対し、加藤容疑者は「書き込みは生活の一部でその都度、記録や書き込みをしている」と話しているという。加藤容疑者は取り調べに淡々と応じ、「うそはつきたくない」と供述。懸命に記憶をたどり、被害を与えた通行人の数を覚えているかについて尋ねられると、涙目になり、悔やんだ表情もみせているという。さらに「7人が死んだ結果は申し訳ない」と、結果の重大性を認識する言葉も口にしている。

« ★繰り返される無差別殺人に特効薬はないのか? 「心の闇」とどう向き合うか バージニア事件と共に予知は不可能なのか? | トップページ | ★日本の若者に対する世界の目 これは大変な意見だ 日本社会が抱える問題をグサリ 国会内にプロジェクトチームが必要では… »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ★繰り返される無差別殺人に特効薬はないのか? 「心の闇」とどう向き合うか バージニア事件と共に予知は不可能なのか? | トップページ | ★日本の若者に対する世界の目 これは大変な意見だ 日本社会が抱える問題をグサリ 国会内にプロジェクトチームが必要では… »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ