« ★ネットの殺人予告また捕まえたよ  なんと警察署に対する「偽計業務妨害」だってさ さすが都会の警察だね | トップページ | ★首相!今は、こうして簡単に人を殺そうとするんです 組織犯罪対策とか外国人犯罪対策ではないんです »

2008年6月16日 (月)

★首相が組織犯罪対策の徹底など指示  実務は警察庁に任せ、必要なのは重要犯罪対策へ向けた社会環境の整備など行政面からの対策では?

福田康夫首相は16日夕、官邸で開かれた犯罪対策閣僚会議で、東京・秋葉原の無差別殺傷事件などの発生により国民の不安感が高まっているとして、2003年に策定した行動計画に代わる新たな計画を年内に取りまとめるよう指示した。首相は、従来の行動計画に基づく対策により、犯罪件数や検挙率が改善されたとの認識を示した上で「凶悪犯罪などで国民は治安に不安を感じているのが現状だ」と強調。同時に「犯罪が起きる原因や社会的な背景に対処することが重要であり、新たな計画策定に向けて施策を検討してほしい」と述べた。また新計画に盛り込む具体策として(1)組織犯罪対策の徹底(2)再犯防止に向けた刑務所出所者の社会復帰支援策の拡充(3)外国人犯罪対策-などを例示した。これを受けて政府は同会議の下部組織として、坂篤郎官房副長官補をトップとする全省庁の局長級による会議を今週中に立ち上げ、議論を本格化させる。

2008/06/16 21:11   【共同通信】

【コメント】何故?今、犯罪対策なのだろうか。無差別殺人が横行し、家族間の犯罪が多発。特に理由のない犯罪に国民が恐怖感を強めているのが現状。

 なのに、なぜ(1)組織犯罪対策の徹底(2)再犯防止に向けた刑務所出所者の社会復帰支援策の拡充(3)外国人犯罪対策-なのだろうか。組織犯罪対策や再犯防止、外国人犯罪対策などは、犯罪対策で毎回掲げられている項目。少しポイントがずれているのでは??????

 今、国民が求めているものは、理由のない無差別殺人や家族間殺人。背景にある人間社会、地域社会の崩壊が要因ともみられている凶悪事件対策でしょう。こうした事件のおこる背景を追求し、さらに、事件の凶器となるけん銃、ナイフ類の取締と対策。市街地から住宅地に移った薬物取引。ネット犯罪対策なども喫緊の仮題でしょう。

 実務レベルの警察庁が指針を出す「組織犯罪」とか「外国人犯罪対策」などよりは、行政ならではの、しかもグローバルな観点からの諸対策を求めるべきではないでしょうか。

 あるいは「重要犯罪抑止のための社会環境整備」とか、「ネット犯罪取締の監視と指針の構築」とか、「ネット利用精神障害者のカウンセリングの強化」など行政面から取締機関が実施する犯罪抑止の土台づくりも効果があるのではないか。

« ★ネットの殺人予告また捕まえたよ  なんと警察署に対する「偽計業務妨害」だってさ さすが都会の警察だね | トップページ | ★首相!今は、こうして簡単に人を殺そうとするんです 組織犯罪対策とか外国人犯罪対策ではないんです »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★首相が組織犯罪対策の徹底など指示  実務は警察庁に任せ、必要なのは重要犯罪対策へ向けた社会環境の整備など行政面からの対策では?:

« ★ネットの殺人予告また捕まえたよ  なんと警察署に対する「偽計業務妨害」だってさ さすが都会の警察だね | トップページ | ★首相!今は、こうして簡単に人を殺そうとするんです 組織犯罪対策とか外国人犯罪対策ではないんです »