« ★ネットオークションを含めて詐欺事件が急増中 特にチケット詐欺に注意 必ず代金引換制を… | トップページ | ★対策編その1 ワンクリック詐欺 »

2008年6月 7日 (土)

★コラム「振り込むな」3

  読売新聞の6月3日朝刊に振り込め詐欺の特集が載っていました。というのも、警察庁のまとめによると「振り込め詐欺」事案が今年に入って増加の兆しを見せ今年1月から4月の被害額が112億円になり、過去最悪だった平成16年(2004)を上回る可能性が出てきたというのです。
 そして紙面では振り込め詐欺には①オレオレ詐欺②還付金詐欺③架空請求詐欺④融資保証金詐欺の4種があるというのです。オレオレ詐欺は前回2回にわたり書きましたので、今回は架空請求について取り上げてみました。
 

 架空請求の中には①出会い系サイト料金トラブル②ワンクリック詐欺③ネットオークション詐欺などがあります。中でも、私のブログに時々張られていますが、アダルトサイトのワンクリック詐欺が実は結構増えているのです。
 良く被害にかかるのは、最初からアダルトサイトを見ようとネットサーフィンをしていて「無料」のボタンを押したら「登録ありがとう」の画面になって慌てる人がいます。もちろん、電子消費者契約法では「無料」と書いてあるのだから、登録画面が出ても契約は無効です。そのまま、エンターで進み、画像を見なければ料金は発生しません。
 ところが、IPアドレスがサイトに残り、後日、請求がメールで届きます。「登録されているので料金が発生しています。支払い期限が過ぎているので…」と高額料金を指定してきます。さらにも、無視すると「プロバイダーで所有者を割り出し訴訟を起こします」というメールが送信されるため、慌てて振り込んでしまう人がいます。
 特に、最近多いのは、芸能人のブログに張り付けられた動画をクリックすると登録画面になったり、送信されて来るメールをクリックすると、やはり登録画面になる手法の詐欺事犯です。2チャンネルの中に意見が書かれており、その関連するかの様にhttp://から始まるURLがありますが、それをクリックするとアダルトサイトに接続になります。こうしたものを「張り付け」と言います。勿論、利用規約を読んでエンターを押して動画を見た場合は支払わなければなりません。これが電子消費者契約法であり警察のスタンスでもあります。
 では、「架空請求詐欺の被害に遭わないためには、どうすれば良いか」について、本日から特別のコーナーを設けます。「振り込め詐欺対策編」のカテゴリーを参考にして下さい。

« ★ネットオークションを含めて詐欺事件が急増中 特にチケット詐欺に注意 必ず代金引換制を… | トップページ | ★対策編その1 ワンクリック詐欺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★コラム「振り込むな」3:

« ★ネットオークションを含めて詐欺事件が急増中 特にチケット詐欺に注意 必ず代金引換制を… | トップページ | ★対策編その1 ワンクリック詐欺 »