« ★警察庁によると「振り込め詐欺被害は史上最悪コース」と言う   | トップページ | ★ブログに「死ね」と書かれて自殺 ネット専門の精神科医かカウンセラーが必要な時代になっている »

2008年5月31日 (土)

★コラム「振り込むな!」 2

大阪は道頓堀で中年の女性が3人。「大阪はオレオレ詐欺の被害、メッチャ少ないんやで」「静岡の人も気ぃつけや」…こんなコマーシャルがテレビに登場したのが平成16年12月。静岡県が作成した「オレオレ詐欺撃墜」のテレビコマーシャルだ。ところがこのコマーシャルを巡って大阪府が静岡県に噛みついた。翌年の平成17年2月10日、大阪府の広報報道課長が静岡県の広報室を訪れて抗議したというのだ。「大阪人のイメージをダウンさせた」というものだったらしい。そしてコマーシャルは間もなく放送が打ち切られた。 

 コマーシャルを裏付けるつもりはないが、オレオレ詐欺の被害状況を大阪、静岡、そして東京で比較してみると次のようになる。数字は平成19年のものだが、大阪府警によると同年1年間で発生したオレオレ詐欺の件数は31件。静岡県は同105件。東京は2072件になる。確かに、数字でみるかぎり大阪の場合は静岡の3分の1と極めて少ないし、東京はなんと大阪の66倍以上になる。
 何故? 大阪府民は被害に遭わないのか…考えると夜も寝られなくなってしまう。
 大阪府が静岡県に抗議した当時の、インターネットブログ「ほんまかいな関西」を見ると次のような意見が書かれている。
 「大阪人はお金に対する意識が強く、振り込まないのは経済的に優れた行動だ」「大阪人は相手の話術にはまりにくく、お金を払うという行為は『損をする』『惜しい気がする』と言った、貴重なものを払うという強い意識から成り立っている研ぎ澄まされたビジネス・経済行為だ」。
 なるほど、単なる「ドケチ」ではない一種の哲学なんだ。この〝大阪人気質〟が被害を少なくてしているんだ。経済感覚だけでなく、大阪人は「物事を醒めた目で、客観的に監察できる能力を持っている」からだと評価する学者もいる。
 一方、静岡県民どうなのか。日本地図のほぼ中間に位置し、気候温暖な平均的な地域として知られ、新商品テストの販売地として利用されることも多い。どちらかというと万事が、のんびり型でお人好しの人間が多いと言われており、その人柄の良さが被害件数に現れていると推測するしかないようだ。
 となれば、東京の場合はどう説明するかだ。被害件数が多いのは人口の分母もあるが、この点に関しては静岡と大阪の人口を比べれば一目瞭然、分母は関係ないようだ。
 では「江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ」など気っ風の良さか? いやいやこれも完全にはあてはまるまい。

 誰にも相談できない孤独な家庭環境。高額な金を振り込もうとしても無関心な人間社会。特にオレオレ詐欺はスピードが勝負なことから犯人はATM配置の便利な社会構造を巧みに利用している…要因を挙げればきりがない。
 警察庁の発表によれば、オレオレ詐欺に限らず今年4月までの被害総額は111億8276万円となり、史上最悪のペースを歩んでいるという。うちオレオレ詐欺は半数近い62億円。地域性、県民性などと言ってはいられない。残された対策は「振り込めない」ようにするしかないようだ。

ポリスチャンネル・ライブラリーへhttp://www.police-ch.jp/video/2/000396.php

« ★警察庁によると「振り込め詐欺被害は史上最悪コース」と言う   | トップページ | ★ブログに「死ね」と書かれて自殺 ネット専門の精神科医かカウンセラーが必要な時代になっている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★コラム「振り込むな!」 2:

« ★警察庁によると「振り込め詐欺被害は史上最悪コース」と言う   | トップページ | ★ブログに「死ね」と書かれて自殺 ネット専門の精神科医かカウンセラーが必要な時代になっている »