« やはり見逃されていた予兆・前兆 | トップページ | 日本警察を信じることですね »

2008年5月 5日 (月)

脱線事故被害者装い6000万円要求=JR京都駅の不審物事件

 JR京都駅で3日夜、時限発火装置が見つかった事件で、京都府警は5日、JR西日本に対する福知山脱線事故に関し、被害者を装った男から、6000万円を要求する電話がかかっていたことを明らかにした。

 JR西を狙った企業恐喝の疑いがあるとみて兵庫県警と連携し、威力業務妨害と恐喝未遂で犯人の特定を急いでいる。

実に古典的な事件だ。日本の警察は、この程度なら苦労はしない。

« やはり見逃されていた予兆・前兆 | トップページ | 日本警察を信じることですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« やはり見逃されていた予兆・前兆 | トップページ | 日本警察を信じることですね »