« 2008年5月7日 | トップページ | 2008年5月10日 »

2008年5月8日

2008年5月 8日 (木)

けん銃使用に躊躇があってはならない

 朝日新聞によると、東京・杉並で発生したけん銃発砲事件はこうだ。

 「荻野容疑者は約1年前から妻子と別居しており、離婚調停中という。この日は、自宅の外に荻野容疑者がいたため妻(38)が午前7時55分ごろ110番通報。妻は、訪れた男性巡査長(47)に長男と長女の登校に付き添うよう頼んだ。 同8時5分ごろ、4人で自宅を出たところ、まもなく荻野容疑者が通学路脇の路地から現れて、子ども2人の手を引こうとした。巡査長は間に入る形で制止。暴れる荻野容疑者を体ごと抑えるなどしてもみ合っている中で、拳銃を奪われたという」

 この巡査長は、子供を必死で守ろうとした。依頼をうけたんだから必死だと思うよ。しかも、相手は「医師」。人の命を守る医師だよ。油断があったとすればそれ(医師)だが、私は、警察官の行動は批判できない。批判するなら、「人を見たら泥棒と思え」式。こんな依頼になんで制服をひとりだけ出したのかだ。警察官は子供を守ろうと必死だった。それでけん銃を…

 甘いと言うなら、そこに問題があるんだよ。警察官が出動する際は、常に「事件」を想定しなければならない。けん銃使用のセンス。せめて欧米並みにしないと、何故か時代の錯誤としか考えられない。少なくても、警察組織は、警察官のけん銃の使用に躊躇を与える処分をするな。

 「医師が近づいて来た段階で、けん銃に手を添える行動」欧米では当たり前の行動であろう。それをやれる雰囲気が必要では?

| コメント (0) | トラックバック (0)

乞う ご期待

  小説「警視庁・薬物特命捜査官」を連載へ                                 

  主人公・鬼頭長一郎
東北の片田舎に生まれ、苦学の末にようやく警視庁警察官を拝命。城西署の交番を振り出しに、生活安全部に所属、警視庁特命捜査官に…。決して妥協を許さない個性ある刑事・鬼頭の活が中心だが、陰には、暗い人生が隠されていた。
 物語は、北朝鮮からの薬物の流入は日本国内における第三次覚せい剤乱用期を迎えた要因に。 政府は、政・官・民あげての撲滅作戦を指示。
警察庁は都道府県警上げての大捜査網を駆使した「史上最大の作戦」を展開することになる。さらに、中国捜査当局との協力関係の確立など事件は意外な方向に…
 鬼頭は、捜査の過程で、ある犯罪組織の中心人物と運命的な出会いとなる。なんとその男は─。
 戦時中の両親の結婚。特攻隊帰りの父親。家庭内暴力=今で言うドメステックバイオレンス。母親と子供の深夜の家出。引き裂かれた兄弟。弟は父方、そして長男は母方へ。あれから50年余。兄弟は…。警視庁の調べ室でそれは明らかになったが……
   掲載開始は中旬を予定しています。ロング掲載となります。作者より

| コメント (0) | トラックバック (0)

どちらが逃げたの?

橋下知事、胡主席と会談へ

 大阪府の橋本知事と来日中の胡錦涛国家主席が9日に会談するという。ところが、首都東京の石原知事との会談はなし。高額の資金が必要なため「パンダなんかご神体でもあるまい」と慎重論の石原知事が逃げたのか?胡錦涛主席が会う必要なしとしたのか、知りたいものである。それにしても、会談があったらどうなるだろうかと想像しただけで眠れなくなってくる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月7日 | トップページ | 2008年5月10日 »