トップページ | 2008年5月5日 »

2008年5月4日

2008年5月 4日 (日)

「予兆」「前兆」が見逃されている。ついでに言えば「調べ官」に資格制度を

 愛知県豊田市生駒町の田んぼで下校中の高校1年生の清水愛美さん(15歳)が殺害された事件で、4日の新聞、テレビは、それぞれ過去に不審な情報があることを報じていた。NHKや読売新聞などは、次の様な報道をしている。

「今年3月まで愛美さんが通っていた同市立前林中学校などによると、先月28日午後7時半ごろ、遺体が見つかった水田から約2キロ離れた農道で、黒っぽいバイクに乗った男が、自転車に乗った高校2年の女子生徒に声をかけてつきまとい、手首をつかむなどして押し倒した…翌29日にも、この近くの書店にいた女子児童が、黒いジャージー姿の若い男に手をつかまれ、店内のトイレに連れ込まれたが、逃げて無事だった。近くの高校3年の女子生徒は「(付近は)夜は近所の人も怖がって通らないところ」と話していた… そして、日本テレビは6時の真相報道バンキシャで「清水さんは、前から怖がっていた」という。

 こうした惨い事件がおきる度に思うことだが、必ず事件には「前兆」「予兆」がある。

 平成19年に兵庫県加古川市発生した小学2年の女児が、学校から帰宅した自宅前で、男に殺害された事件でも、前年の9月にも近隣の女児たちが刃物で襲われる事件が発生したいた。

 犯罪の未然防止で全国の自治体の民間人らが立ち上がり「防犯パトロール」などを実施している。子供達だけでなく、犯罪弱者と言われるお年寄りをひったくりから守るため、地域住民が立ち上がったもので、今や、国民は犯罪抑止に必死になっているのである。

 ところが、こうした「予兆」「前兆」が見逃されていまいか。これだけ「情報化社会」が浸透しているのにもかかわらずである。その責任はどこにあるのか。一言で言えば「警察」しかない。警察が持っている情報を共有することが如何に大事かである。それをどう伝えるか…

 気になったことがひとつある。日本テレビの真相報道バンキシャのコメンテーターで元東京地検特捜部長の河上和雄氏のコメントだ。

 同番組では、1979年、1989年にかけて栃木・群馬で発生した少女殺人・行方不明事件の未解決事件の検証で、捜査員の不適切な発言を取り上げていた。刑事が、目撃者に「証言を取り下げるような圧力をかけた」という内容で、河上氏は「捜査員は都会と地域で格差があるのではないか? 今後は国家警察的な刑事の存在が必要では?}と言う趣旨の提案していた。

 調べ室の可視化など将来の事件捜査には逆風が吹き荒れている。加えて大量退職時代。刑事の職人意識の低下もあり、警視庁ではOBのベテラン捜査幹部を指導教官に指定し、若い刑事の指導にあたるなど早くも対策に乗り出した。

 この問題は、各警察本部の問題で、警察庁が指揮する問題でもないだろう。しかし、事件事態がグローバル化している時代の中で、河上氏の言う「捜査官の国家警察化」は注目する発言だ。

 つまり刑事(捜査員)を国家警察にするのではなく、警視庁の指導官制度を警察庁ができないのか?。特に、取調官は「講習を受けた刑事」を認定制度にして専門家の資格を与えるのである。一種の階級(資格)制度かな…

 立て籠もり事件などて「ネゴシェーター」が話題になった。これは、特殊な能力が必要だ。調べ官はそこまでする必要はないが、「事件を担当した班の主任か係長がすれば良い」だけではないだろう。

 ある程度の「資格」と「権限」を与えてはどうか。もう、現在の警察官の階級制度の見直しが求められている時代だから、なおさらである。

 情報の共有化と合わせて、最近、感じたことである。

| コメント (0) | トラックバック (0)

忘れるな毒入り餃子事件

製造元からの代金詐欺で「パンにようじ」の男逮捕 2008.5.4

 「買ったパンに楊子が入っていた」と届け出て、製造元から購入代金と謝礼品をだまし取ったとして、石川県警は3日、石川県野々市町の派遣社員(24)を詐欺容疑で逮捕した。調べによると同容疑者は「食品に針が混入された事件のニュースを見て思い付いた」と供述している。

 便乗犯だが、元の始まりは、毒入り餃子事件だった。その本家の胡錦涛主席がいよいよ6日に来日する。タイミングに合わせるように上野動物公園のジャイアントパンダ、リンリンが亡くなった。

 さて、福田首相は、パンダをおねだりするのでしょうか? そう言えば、あの毒入り餃子事件だが、いっこうに進展していないようだ。パンダのおねだりよりも毒物事件の解決だ。決してうやむやにしてはならない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺に注意しよう

還付金詐欺が流行っている。お年寄り宅に「社会保険庁ですが」と電話がかかる。「今年1月に還付金の連絡をしましたが連絡がありませんでした。振り込みますので貴方の銀行口座を教えて下さい」と、口座番号を取得する。この番号が何に役立つかと言うと、暫くして「入金を確認しましたか?確認していなければ今からATMの前に行って、携帯から電話をかけて下さい」と指示される。
 言われるまま、ATMから電話をかけると「それでは、これから番号を言いますので、それにしたがってボタンを押して下さい」と、言葉巧みに番号を押させる。その結果、入金どころか、知らぬ間に相手の口座に自分の口座から何十万円が振り込まれるという仕組みだ。但し、口座に金がなければ被害に遭わない。
 こうした振り込め詐欺の手口を公開したビデオがある。
http://www.police-ch.jp/video/2/

| コメント (0) | トラックバック (0)

計画的な犯行か?

帰宅途中に襲い、かばんを強奪か 愛知・豊田の女子高生殺害 2008.5.3 21:27【MSN産経ニュースから】
 愛知県豊田市で3日朝、高校1年、清水愛美さん(15歳)が殺害されているのが見つかった。清水さんの首に粘着テープが何重にも巻かれ、窒息死した可能性が高く、清水さんのかばんは、遺体が発見された現場から、約15キロ南東の土手で見つかった。教科書などは入っていたが、財布は見つかっていないため愛知県警は、強盗殺人事件として捜査している。
 清水さんは制服姿であおむけに倒れ、顔には数カ所殴られたような跡があり、近くに自転車が倒れ、制服は泥だらけで、両足の靴と携帯電話も落ちていた。
 清水さんが2日夜になっても帰宅しないため、家族が携帯電話に連絡したが出なかった。捜査本部は犯人が、学校から帰宅途中の清水さんを襲った後、かばんを強奪して捨てたとみている。

 またも悲しい事件が起きてしまった。捜査本部の戒名は「○○強盗殺人事件捜査本部」となっているだろう。この事件、帰宅途中の清水さんが、偶然襲われたのではなく、犯人は当初から計画的に清水さんを狙っていた可能性が高く、財布を奪い捨てたのは〝いきずりの事件〟に見せかけたと見るのが自然ではないだろうか。
被害者のご冥福を祈るとともに、1日も早い事件の解決を期待したい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

計画的な犯行か?

帰宅途中に襲い、かばんを強奪か 愛知・豊田の女子高生殺害 2008.5.3 21:27【MSN産経ニュースから】
 愛知県豊田市で3日朝、高校1年、清水愛美さん(15歳)が殺害されているのが見つかった。清水さんの首に粘着テープが何重にも巻かれ、窒息死した可能性が高く、清水さんのかばんは、遺体が発見された現場から、約15キロ南東の土手で見つかった。教科書などは入っていたが、財布は見つかっていないため愛知県警は、強盗殺人事件として捜査している。
 清水さんは制服姿であおむけに倒れ、顔には数カ所殴られたような跡があり、近くに自転車が倒れ、制服は泥だらけで、両足の靴と携帯電話も落ちていた。
 清水さんが2日夜になっても帰宅しないため、家族が携帯電話に連絡したが出なかった。捜査本部は犯人が、学校から帰宅途中の清水さんを襲った後、かばんを強奪して捨てたとみている。

 またも悲しい事件が起きてしまった。捜査本部の戒名は「○○強盗殺人事件捜査本部」となっているだろう。この事件、帰宅途中の清水さんが、偶然襲われたのではなく、犯人は当初から計画的に清水さんを狙っていた可能性が高く、財布を奪い捨てたのは〝いきずりの事件〟に見せかけたと見るのが自然ではないだろうか。
1日も早い事件の解決を期待したい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

計画的な犯行か?

帰宅途中に襲い、かばんを強奪か 愛知・豊田の女子高生殺害 2008.5.3 21:27【MSN産経ニュースから】
 愛知県豊田市で3日朝、高校1年、清水愛美さん(15歳)が殺害されているのが見つかった。清水さんの首に粘着テープが何重にも巻かれ、窒息死した可能性が高く、清水さんのかばんは、遺体が発見された現場から、約15キロ南東の土手で見つかった。教科書などは入っていたが、財布は見つかっていないため愛知県警は、強盗殺人事件として捜査している。
 清水さんは制服姿であおむけに倒れ、顔には数カ所殴られたような跡があり、近くに自転車が倒れ、制服は泥だらけで、両足の靴と携帯電話も落ちていた。
 清水さんが2日夜になっても帰宅しないため、家族が携帯電話に連絡したが出なかった。捜査本部は犯人が、学校から帰宅途中の清水さんを襲った後、かばんを強奪して捨てたとみている。

 またも悲しい事件が起きてしまった。捜査本部の戒名は「○○強盗殺人事件捜査本部」となっているだろう。この事件、帰宅途中の清水さんが、偶然襲われたのではなく、犯人は当初から計画的に清水さんを狙っていた可能性が高く、財布を奪い捨てたのは〝いきずりの事件〟に見せかけたと見るのが自然ではないだろうか。
1日も早い事件の解決を期待したい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道洞爺湖サミット

 5月3日の産経新聞に警視庁が「テロリスト対処要領」を策定した記事が載っていた。警備事象は、ゼロが当たり前で、花火1本投げられても、評価はゼロ。それだけ困難な仕事だ。新聞社のカメラマン時代に、70年安保では、火炎瓶と機動隊の催涙ガス銃の攻防を経験しているが、今の機動隊員の中には、経験がないだけに大変だと思う。
 それにしても、新聞やテレビでサミットに向けた訓練風景の写真や動画を見るが、おとなし過ぎるのではないか。実際に洞爺湖の会場を舞台に、ヘリからの降下や会場周辺の厳重な警戒ぶりを見せておくのも必要かと思う。機関銃を肩にした機動隊員がヘリから次々に降下。会場周辺には、機関銃を背にした機動隊員が警察犬とともにパトロール。さらに、ロケットランチャーを手にした自衛隊員がホテルを背に立っている…こんな映像を見たら、まず、デモ隊は近づかないな。
 日韓共同開催のワールドカップサッカー警備では、韓国警察隊が会場にヘリで降下、地上ではドーベルマン犬を引き連れた隊員がパトロールする。ドーベルマンは見た目に恐ろしいので効果があるんだよなぁ。警備=威圧だから…。それにしても日本の警察は、銃器の使用が消極的だから心配だ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年5月5日 »