警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル)
「宅配の佐々木」「闇の半蔵」
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_2F1013849
 昨日は、すり犯の常習者で「かばん師のヤマ」の話を書いたが、今回は侵入盗。このほど埼玉、東京、千葉の3都県で窃盗など43件に関与したとして、埼玉県警は住所不定で無職の男(52)を追送検した。男は宅配業者の制服を着て盗みを働いていたことから、捜査員の間では「宅配の佐々木」と呼ばれていた。
 この他にも黒い服を着て、夜中に住宅などに忍び込み、盗みを繰り返えしていた男(60)が警視庁に逮捕されている。「闇の半蔵」と呼ばれ、昨年の秋頃から窓ガラスをドライバーで割り侵入する手口で、都内全域で盗みを繰り返しており、「150件くらいやった」と容疑を認めているという。
 この侵入盗だが昨年に続いて今年も減少傾向が続いているだけでなく検挙率もアップしている。やはり常習者の検挙が多いためだろう。
 警察庁によると今年4月現在の侵入盗の認知件数は2万0392件で前年に比べて2963件の減少。検挙率は58.4%で同6.2ポイントアップした。
 ランキングは愛知の1763件、千葉の1742件、東京の1542件、埼玉の1480件、大阪の1355件と続いた。
 検挙率の高かったのは東京の129.9%、広島の118.1%、大分の110.8%、山形の106.1%、山口の96.0%の順。
 低かったのは鹿児島の23.1%、岡山の24.6%、山梨の25.6%、秋田の27.6%、茨城の28.0%など。
 侵入盗と言えば、あの刑法犯認知件数が最も多かった平成14年は33万8294件もあった。それが同29年には7万3122件になり4分の1近くも減ったことになる。12、3年と言えばピッキング盗の全盛期だ。その後はサムターン回しに変わっている。
 一方、刑法犯検挙率が19.8%と戦後最低を記録した平成13年の侵入盗の検挙率は29.5%。ところが14年になるとさらに低くなり19.7%だった。これは発生処理に追われて余罪の立件まで手が回らないという状態にあり、警察力が最も落ちた時だったが、今は50%を超え、しかも年々上昇していることから確実に治安は回復傾向にあるのだが…?
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image001

http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-4188-23.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

掲示板

全国の体感治安(警察庁資料参考)
□治安安定 白色 □やや安定 黄色 □普通 緑色 □不安定 青色 □悪い 赤

F1012226

【治安安定】山形、島根、秋田、福井、鳥取、長崎、宮崎
【やや安定】新潟、岩手、長野、熊本、石川、青森、徳島、愛媛、高知、鹿児島、大分、富山、佐賀、山口、静岡
【普通】和歌山、福島、山梨、栃木、岐阜、沖縄、東京、北海道、宮城、滋賀、兵庫、群馬、神奈川、奈良、広島、岡山、三重、香川
【やや悪い】茨城、京都、埼玉、福岡、
【悪い】愛知、千葉、大阪


  police story別室

ドキュメンタリー 「建国義勇軍」。公安警察「防諜」など実話をもとにした小説を掲載 
 入り口downwardleft
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

警視庁取調官落としの金七事件簿
東映チャンネルHDで放送

2014年08月30日(土) 11:00~13:00

数々の難事件を解決に導き、警視庁捜査1課に語り継がれる伝説の刑事・小山金七の生きざまを描く。警視庁捜査1課の小山(柳葉敏郎)は、警察庁長官襲撃事件の捜査本部に呼ばれる。小山は目撃者の協力の下、独自捜査で犯人の推定身長や凶器を割り出した。数年後、度重なる胃痛に襲われていた小山が、胃がんを患っていたことが判明する。人生の終着点が見えかけてきた彼の脳裏によぎったのは、これまでかかわってきた難事件のことなのだ。

【柳葉敏郎】演技にも実生活にも“生きる”祖母の教え

2010_0520_1350002010052013510002010_0526_210837peo1005251626000n1

取材で待つことはあっても、取材相手を待たせたことはなかった。ところが、「警視庁取調官 落としの金七事件簿」(テレビ朝日系、29日午後9時放送)の収録はトントン拍子で進み、予定より4時間も早く終わってしまったという。収録後の取材ということで、若干早めには現場に着いたのだが…。
 「待ちました!」
 大量の冷や汗を流し、インタビューに指定された部屋に入った記者を待ち受けていたのは、怒気をみじんも感じさせないカラッとした声。そして『さぁ、始めましょう』と柔和な眼で促された。
 「仕事をしてきて初めて、計算しないでやりました。最初の取り調べシーンに著者の小野(義雄・元産経新聞警視庁担当記者)さんがいらっしゃった。金七さんのもとで同じ空気を吸った人が目の前にいる、と思ったらプレッシャーがかかって…。ところが、その小野さんが金七さんを“呼んで”くれたんです」
 「金七さんの『犯人より犯人になる気持ち』って何なんだろうって思っていたけど、頭で考えなくても(気持ちが)出ちゃいました」
 心の揺れを少しでも画面ににじませようと、監督は7-8分ずっとカメラを回し続けた。長ぜりふを含む彼の演技を、小野氏は身じろぎもせず3時間見守り、最後に涙を浮かべ、「最高だ」とつぶやいたという。
 警視庁捜査一課の特別対策管理官で“落とし”の異名をとった小山金七氏は、先ごろ時効になった国松孝次元警察庁長官狙撃事件を追いながら2000年3月末、がんで57歳の生涯を終えた。ドラマでは、その生涯に担当した事件を回想し、中でも1986年のトリカブト保険金殺人事件にスポットをあてる。
 「これまで経験したことのない役でした。怒らず、怒鳴らず、人を落とす…。変な知恵は持たず、知識だけ持って演じればいい、と思いました」
 金七を演じながら心に浮かんだのは、89年に他界した大正生まれの祖母の姿だったという。
 「小学3年生のとき、おやじが脳溢血で亡くなって、おふくろは仕事をしていたから、ばあちゃん子だったんです。ばあちゃんは孫というより、末っ子として育ててくれました」
【失敗して成長!】
 人の道に外れそうになると、こんこんと諭し、励ましてくれた。中学時代にやっていたソフトテニスの試合前日には必ず、「明日、頑張ってこい」と言ってくれた。いまでも忘れられないことがある。
「ある試合中、影でコソッと見ているばあちゃんを見つけたんです。そういうことをする人じゃなかったから、タイムをかけて靴ひもを結ぶふりをして時間をとって心を静めました」
 そう話す目元に少し涙が浮かんだ。
 「ばあちゃんは走れませんでしたけど、いま、ぼくは走れる。だから娘の運動会は走りますよ。一生懸命走って勝ちにいくから、負けると悔しいし、勝つと喜びが味わえる。子供には、できるかぎり失敗をさせてあげたい。失敗しないと成長しないでしょ。そして娘と息子には、できるだけ一緒にいてあげたい。それは、ぼくがおやじにしてほしかったことでもあるんです」
【尊敬されているか不安で…】
 06年、3年間かけて説得した妻と愛娘を連れて生まれ故郷の秋田に居を構えた。08年4月、長男が誕生。仕事のたびに、秋田と現場を往復する。 「一昨年、地元のお祭りで『どんと焼き』を企画したんです。10年から20年ほど前まではやっていたけど、人手が足りなくてやめていたんです。再開したら、どんと焼きで焚くお札が小山ほど集まった。焼くに焼けず、自宅で保存していた近所の年配の人に『(どんと焼きを)待ってた』と言われました。そこで確信しました。秋田で生活をしていけるってね」
 あるとき、7歳下の妻と些細なことでもめた。すると小5になった長女が「家族なんだから」と間に入ってたしなめた。「カーッとなっていた頭が一気に覚めましたよ(笑)。子はかすがい、だけど夫婦は他人でしょ。時々、不安になるから『おれのこと、尊敬してくれてる?』って聞くんです。最近? 1月に湯河原で娘と息子の前で聞きましたよ」
ペン・栗原智恵子

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

«男女関係トラブルか 瓶で頭なぐり傷害容疑で男逮捕(29日)